ADHD☆LD あんなこと こんなこと

ADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(20)とADDな次男キスケ(18)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

しばらく放置していましたが、今ちょっと思うところあって過去に書いたけど非公開にしていた記事なんかも掘り起こして公開していこうと思っています。でも基本放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief (JUGEMレビュー »)
Rick Riordan
のん太が初めて超特急で読破した「絵の無い分厚い本」 映画になりましたねー 「石になーれ!」ってやってるあれですよ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today (JUGEMレビュー »)
Kathleen Desmaisons
甘いもの大好きなADHDさんたち。
シュガーフリーで症状が安定するかも!
砂糖中毒のキスケがシュガーフリーになるきっかけになった本
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
バカをつくる学校
バカをつくる学校 (JUGEMレビュー »)
ジョン・テイラー・ガット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
今(も)食べてるもの 避けているもの

 

古い記事をを懐かしく読み返してます。

 

2013年7月に当時食べていた物のリストを書いたようです。

 

http://adhd-ld.jugem.jp/?eid=297#sequel 

 

その頃と今とまたちょっと違うので記録しておきましょう。

 

2013年のリストは2007年のリストを元にしてたのね。 2013に書き足したのが赤字で、今日書き足すのは緑にしましょうかね。

 

 

 

食べている (別にアレルギーがある場合はこの限りではない)
・新鮮な野菜、果物 りんご、ぶどう類はNG, 果物は空きっ腹にはNG 酒の原料になる果物は基本食べないように

・ドライフルーツ(亜硫酸等ケミカルの付いてい無い物で、粒がくっつかないように小麦を使っていないもの・・日本では小麦の表示が無くても使用されている例があるそうです)ドライフルーツは基本的にNG
・ココナツ(亜硫酸等ケミカルの付いていない物)ココナツオイル、ミルクもOK ココナツウォーターは空きっ腹には避ける
・ポテトチップス(表示を読む! 麦のでんぷんが入っている場合あり。砂糖や乳製品が入っているものも多いから要注意空きっ腹にはNG
・フレンチフライ/フライドポテト(上に同じ レストランでは小麦を使った物を同じ油であげている場合が多いので、必ず確認する)必ずタンパク質と組み合わせること。 フレンチフライだけを空きっ腹にはNG
・ポップコーン(バターは駄目よ)
・ライスケーキ(おせんべいも含まれるでしょうねぇ 表示をよく読む必要はあります)
・新鮮なお肉、魚介類 ツナとかの大きな魚は重金属汚染を避けるためなるべく食べない
・とうもろこし とうもろこし加工品 (コーンスターチ、コーンミール、ポレンタなど)
・キビ 粟
・テフ テフ粉(エチオピアの稲科の穀物。 手に入らないなら食べなくてもいいよね)インジェラ最高!
・お米 米製品(麺、パンなど)玄米が基本。 時々ジャスミンライス。 白米を食べることは一年に1〜2回あるかないか
・キノア キノア製品(麺、粉)
・アマランス
・芋 芋製品 空きっ腹にはNG
・そば そば製品
大豆 大豆は現在食べてません
コーンフレーク(GFであることを確認)砂糖が入っていない事を確認、空きっ腹にはNG
・ソルガム もろこし粉
殆どのナッツ ナッツ、タネ類ほとんど食べてません
・たまご
・豆類 ひよこ豆粉大活躍!
・タピオカ

食べてない 避けてる
・ミルク製品
牛乳、生クリーム、チーズ類、ヨーグルト、サワークリーム等 (殆どの製品は代用品が市販されています)
・麦 麦製品(パン、クラッカー、パスタ、ピザ、プリッツェル、ケーキ、クッキー等)
・バルガー バルガー小麦
・デュラム
・スペルト
・オーツ オート麦 グルテンフリーって書いてあるオーツは食べても大丈夫だけど、GFCF最初の六ヶ月は避けるのが良いらしい
・大麦 大麦粉
・ライ
・セモリナ
・クスクス
・小麦のパスタ類
・ベーキングパウダー(GF・アルミフリーならOK)
・醤油(GFならOK)
・コンソメやブイヨン等(GFならOK 砂糖が入っている場合が多いので要確認
・でんぷん、野菜のでんぷん タンパク質と合わせてならほどほどにOK
・ソースミックス等(表示をよく読む 麦が入っていることが多い)
・モルト
・遺伝子組み換え でんぷん
・ライスシロップ (GFならOK)微量の隠し味ならOKだけど、基本的にNG
・スパイス ハーブ(生、GFならOK 乾燥して製品になっているものは麦が入っている場合が多い)
・合成着色料

砂糖、果糖、はちみつ、コーンシロップ、キシリトール、ステビア、メープルシロップ (過去のリストに載ってなかったの? びっくり 書いてなかっただけで食べてなかったよ)

・酢、みそ、納豆、キムチなどの発酵食品 (これも過去のリストに載ってなかったねぇ)

 

血糖値を急激に上げないように、食べられるものリストでも炭水化物は基本的に単品では食べないように。

 

イーストを増やさない糖分(例えば羅漢果とか)あるけど、うちの子達は甘いものを食べるともっと他にも甘いものが欲しくなっちゃうので甘味料はどんなものでもNG。

続きを読む >>
| まつりん | 食べ物のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
のん太18歳 成人なり。 GFCFニョッキのススメ。
子供がまだ小さくて、めちゃめちゃ育て難い子をどうやって育てたらいいのかって苦しんでいた頃、ネットで「ADHD」とか「発達障害」とか「学習障害」とかとにかく検索しまくってたなぁ。 で、だいたいそういうカテゴリーで書いてあるブログって、子供が大きくなってくると放置されてて、「あー もっと読みたいのに」と思っていたなぁ。と。 で、今このブログがまさにそうじゃんね。

しばらくおばちゃん学生をやっていましたが、アカデミックな分野が終わり(ってか終わったのは去年ですが...)先日はアメリカへおばちゃん短期留学してまいりました。 2ヶ月間のインターンシップ! いやーー 10年前の私が聞いたらびっくりして泡吹いてぶったおれるね。 あんなに手のかかる子供達をおいて海外に行くだなんてありえないしー でしたから。

有り難い事にのん太もキスケも年齢とともにやっと落ち着いて来てくれて、私がずっと見張っていなくても大丈夫なくらいになりました。 全然大丈夫ってわけじゃ全然ないんだけどね。。
続きを読む >>
| まつりん | 食べ物のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
GFCFとりあえずの食べられるものリスト
発達障害のお子さんの為に食事を改善しようとしている方の為に、参考になればとまたちょっと書いてみます。

2007年に私が子供たちの為にGFCFを始めようと決意した時のブログエントリーに
食べられる物、食べられない物のリストがあります。 実際には何でも食べられるんだけど、
食べたら影響が出るもの、出ないものってことね。

手っ取り早くリストが欲しいという方も多いと思うので、まずはとりあえずのリストね。


うちの子達の場合は砂糖にもかなり反応するので、砂糖中毒、イースト中毒あたりも勉強して今落ち着いているリストはこんな感じです。 

↓ ↓ ↓
外出中の「お腹空いた!」にスマートに対応する強力な助っ人 豆乳君
200ml入りって超便利! オーストラリアには無糖の小さいパックは無いのじゃよ。
評価:
価格: ¥1,170
ショップ: 味園サポート楽天市場店
コメント:無糖でも美味しい。 とにかく便利、そしてこのお店は安いです。 3ケースまでは送料が1ケースの時と同じなのもありがたい。 結構濃いので飲む前にフリフリして飲みましょう。 GFCFの強力な見方です!

続きを読む >>
| まつりん | 食べ物のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
まだ捨ててたんだ・・・
 こんな放置されたブログでも読みに立ち寄って下さる方が今でもいらっしゃるようなので、
毎日毎日心に溜めては私を苦しめている思いをまた少しずつ書こうかなぁ。。と。

2年間の非英語圏での生活を終え、カナダでは無い英語圏の国オーストラリアに来て
6ヶ月が過ぎました。

子供達はそれぞれ14歳(9年生)13歳(8年生)9歳(4年生)になり、
元気に地元の学校に通ってます。

今日は我が家一番のイケメンBoy キスケの話しです。

キスケがコンサータを飲み始めたのは4年程前。 

続きを読む >>
| まつりん | 食べ物のこと | comments(5) | trackbacks(0) |
Chocolate covered encyclopedia
 子供の引き出しからさ、





ドロドロに溶けたチョコレートにまみれてから、寒い部屋でかっちり固まった科学事典見つけたらどうしたら良い?





違う引き出しから




うんこパンツと、

腐ったサンドイッチと

豆乳3つと

チョコレートアイスクリームがべっとり付いてからしっかり乾いた元私所有で、今はやつの物になったSASの白いトレーナー出て来たらどうするべき?


| まつりん | 食べ物のこと | comments(1) | trackbacks(0) |
Little Sugar Addict 〜 砂糖は愛じゃない!
キスケが砂糖中毒かもしれないって気が付いて、いろいろ調べ始め、すぐに出会ったのがこの本
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today

この本の著者はもともとアルコール中毒者の更正施設をやっていた人で、施設を出た後またアルコール生活に戻っちゃう人と、アルコールから足をすっかり洗った生活を続けられる人との違いが「食生活と砂糖の関係にある」ことに気付き、大学に戻り更に勉強し、今は砂糖中毒の人を助ける活動をしている人です。


Little Sugar Addict 私流に訳せば 「砂糖中毒っ子」 って感じかな。

ずいぶん前に一度図書館で借りてさらっと読んで、砂糖削除食にすると決めてまた借りて読んだ本です。  
一度読んだだけでは気持ちの切り替えは難しい〜〜〜〜!

甘い物って食べると幸せだし、小さい頃から母の手作りおやつを食べて育ったから、おやつ=母の愛って完全にできあがってる。
だから私も子供達にはずっと手作りおやつを与えてて、きっと子供達にもおやつ=母上の愛って脳みそに刷り込まれてる。

それを辞めちゃうんだもの、そりゃ「母上の愛はどこいった?」になっちゃうのかも・・・

って気が付いたのがつい最近。

本には、例えばお誕生パーティだったら、ケーキのことなんて思い出さないくらい楽しい演出をするとか書いてあったけど、我が家にとって、ケーキやクッキーは本当に日常的な食べもので、手作りが常備されていたから、誕生日とか何かのお祝いとかの特別な日に「ケーキの代わりね」なんて小細工するだけじゃ駄目なんじゃん。

で、ここ数週間、手作りおやつに代わって、子供に私の愛を伝える方法ってのを試みています。

他に紹介したい本があるのでその方法はまた次回。



| まつりん | 食べ物のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
キスケ、糖摂取のタイミング


3月の後半、8日間家族旅行に行って来ました。 旅行の内容はまたその気になった時に書くとして、今日は旅行中の食事で学んだ事ご報告〜です。

今回の旅行は今までの「近くのスーパーで食べられる食材を調達すれば良いや」とか、「食べられそうなものが置いてあるレストランを調べておいてそこに行けば良いや」ってのとはわけが違いました。 
旅行のメイン5日間は「船上の人」となる為、スーパーとか無いし、外食ったって、船内のレストラン、売店のみ となるから。。

いろいろ調べた結果、船内では様々なアレルギーや食事制限に極力対応する努力をしてくれるということがわかり、よし! じゃあ消化酵素たっぷり携えて挑戦してみよう! 万が一悪影響が出たって、学校に行っているわけじゃないし、親が2人くっついているんだから、なんとかなるさ! っていう、まさに大船に乗った気持ちで出発しました。

続きを読む >>
| まつりん | 食べ物のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
キスケが頑張れた理由


先々週の金曜日からたー坊が咳をしだして、先週はずっと学校お休みしてました。
体調が悪かったせいか、いつにも増して甘えん坊なたー坊の世話と、薬の調節が悪いのか、どうもすっきりと頭が稼動していない感じののん太の相手で私はへとへと。。

これでキスケまで体調崩したり、学校で問題起こしてくれたら大変だなーって思っていたけど、おりこうちんのキーちゃんはこの一週間、実に頑張って私の言うことを聞いてくれてました。

「キスケ、たー坊鼻水出てる、ティッシュ持ってきて!」
「はい! 母上!」

「キスケ、あびちゃん(猫)お腹空いたって、ご飯あげて!」
「はい! 母上!」

「キスケ、脳みそにお水あげて(お水飲んで)!」
「はい! 母上!」

ってな具合で、いつもよりも頑張っているなー 
たー坊と、のん太が調子が悪いから、キスケなりに私をサポートしてくれてるんだなぁって思ってました。

ただ、私やダーの言うことは「はい!」ってすぐに聞いてくれるんだけど、 いつも当たり前にやっている事柄ができないでいたのよね。

続きを読む >>
| まつりん | 食べ物のこと | comments(2) | trackbacks(0) |
エアライン・アメニティキットの使い道
 

昨日はたー坊の6歳の誕生日でした。
前日まで出張に行っていたダーリンが帰ってきて、子供達にお土産をあげたのだけど、その1つが飛行機のファーストクラスでもらえるアメニティーキット。 モデルチェンジしたとかで、持って帰ってきたのを子供達3人にそれぞれあげたんだけど。。。

翌朝起きてみると、のん太の調子がすこぶる悪い。

何食べちゃったの? って感じよ。




前日の夜、たー坊と私が、たー坊が空手に持っていくクッキーをデコレーションしている間、のん太とキスケはこのアメニティキットに入っていたフットローションを使って、お互いの脚をマッサージしてたのは知ってるのね。
続きを読む >>
| まつりん | 食べ物のこと | comments(4) | trackbacks(0) |
のん太の誕生日
極低出生体重児、脳損傷を背負って生まれてきたのん太は、「この子は歩けるようにならないかもしれない、話せるようにならないかもしれない」って医者に言われて退院してきたんだったっけ。

そののん太さんがこの度11歳になりましたー!  いやー すごいねー でかくなったわい。

しばらく調子がまあまあ良かったので、誕生日には思い切って小麦粉とクリームを使ったケーキを焼いて、その後すぐにセリアックテストを受け、またGFCFダイエットに戻ろうという計画をしていたのですよ。
(*セリアックテストの準備の為、ここ一ヶ月くらいグルテン解除の食事をしています)

ところが、キスケの調子がすこぶる悪くなってまして、今いっきに乳製品も糖分も与えたらいったいどうなっちゃうんだろう???? という恐怖感から家族会議を開きまして、
のん太の誕生日はケーキ無しという結果に至りました。

のん太はもともと甘いものファンでは無いので、ケーキが無くてもその代わりに何か好きなアクティビティができるならOKということであっさり決定。

のん太のやりたいことは二つ
・市内が一望できるタワーに登って景色の絵を描きたい
・ゴーカートレース、ミニゴルフ、レーザータグなんかができる総合遊戯施設に行って皆で遊びたい

そして食べたい物もリクエスト
・寿司

市内が一望できるタワーに登りたいってのはずいぶん前から子供達が口々に言っていた事だし、かなり良い案だってことになったんだけど、のん太の目的は「絵を描くこと」。
じゃあ絵を描かない人たちはのん太をずっと待ってるわけ? それつまんなくない? ってことになりまして、タワーにはのん太と私が平日に行くことになりました。 誕生日プレゼントの一環ってことでね。

で、総合遊戯施設に行きまして、ゴーカートのレース4回(20分)レーザータグ1回(10分)ミニゴルフ 18ホール(1時間以上!) やりましたとも。

ゴーカートの最後では「もう終わりです ピットに戻ってください」って言われているのに、のん太のカートはピットに戻りつつスピードはなんとなく落ちているんだけど、止まる様子がなく、皆がお行儀よくピットで整列している脇をビューンって通り過ぎちゃったんです!

私とダーリンは顔を見合わせて「のん太終わっちゃってる? 誕生日の興奮でもう脳みそぶっ飛び状態? こりゃ怒っちゃいけないね、彼のコントロールできる範囲を超えちゃってるんだよ」とかひそひそと相談したのでした。



続きを読む >>
| まつりん | 食べ物のこと | comments(2) | trackbacks(0) |
<new | top | old>