ADHD☆LD あんなこと こんなこと

ADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(20)とADDな次男キスケ(18)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

しばらく放置していましたが、今ちょっと思うところあって過去に書いたけど非公開にしていた記事なんかも掘り起こして公開していこうと思っています。でも基本放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief (JUGEMレビュー »)
Rick Riordan
のん太が初めて超特急で読破した「絵の無い分厚い本」 映画になりましたねー 「石になーれ!」ってやってるあれですよ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today (JUGEMレビュー »)
Kathleen Desmaisons
甘いもの大好きなADHDさんたち。
シュガーフリーで症状が安定するかも!
砂糖中毒のキスケがシュガーフリーになるきっかけになった本
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
バカをつくる学校
バカをつくる学校 (JUGEMレビュー »)
ジョン・テイラー・ガット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
同じ子供の同じ症状、国によって診断名が変わるんだな

 カナダを出てもう少しでまる3年が経とうとしています。

 
非英語圏で2年、インターナショナルスクールに楽しく通った後、また海を越えて引っ越しました。 今度はオーストラリアです。
のん太14歳、キスケ13歳、たー坊9歳になっています。
のん太は9年生、キスケは8年生(いずれもハイスクール)、たー坊は4年生になりました。
学校では特別親しい友人はいないけれども、先生方からも生徒達からもかわいがられ、ちょっとマスコット的な存在になっているらしいのん太ですが、やはり全く普通の子と同じ様に全ての事ができるわけではなく、いろいろ目をかけていただいています。
学校に入ってすぐに、のん太がカナダで受けている障害名はオーストラリアでは一般的に認められていないので、オーストラリアの医者によるオーストラリアの障害名をつけてもらって欲しいと依頼されました。 特定の障害名がついている生徒がいると政府から補助金が受けられるからというわけです。 これはもうのん太がキンダーの頃から関わっているシステムで、学校は重い障害名で、でもお世話が簡単な子供が一番好きです。 できれば政府からの補助金が降りた後はその生徒には転校してもらいたいって感じ。 あはは 皮肉ですね。。
1月にGP(町医者)に小児Behaviour Specialistの紹介をお願いしていたのが、やっと、やっと今日予約が取れてみて頂くことができました。
学校から預かっている書類には「このうちのどの障害に当てはまるか」という欄があり、そこには自閉系いくつかの障害名とPDDが記載されていました。
「私達はこの子にどんな障害名が付こうとも何も今と変わらないので、学校にとって良い様に障害名をつけて下さい。 カナダでの障害名がこちらで知られていなくてもお医者様ならご存知でしょうから、どうすることが一番良いのか一緒に考えて下さい」といった具合で診察を進めて頂きました。
のん太の困難はアスペルガーにとても似ています。 でも自閉特有の「目を合わせない」とか「人の気持ちが全く読めない、気にならない」というのが全く当てはまらず、「やはりいくらなんでも自閉症とは医者として言えない」というのがドクターの意見でした。 
学校側が何を望んでいるのか、リソース担当の教員と相談して連絡を下さるということになりました。
ついでに、最近の3人の様子を覚え書き。。
続きを読む >>
| まつりん | ADHD | comments(0) | trackbacks(0) |
25歳の誕生日までには・・・

古記事発掘プロジェクト

Boysとの外出中にダーリンから入ったメッセンジャーです。

ダーリンの発言:
hiddy Ho
よ!

ダーリンの発言:
The doctor that the Autism people told us to contact is not taking any new patients
自閉症グループの人が紹介してくれたドクター(に電話したけど)新しい患者受け付けないんだって。

ダーリンの発言:
But he has a waiting list so I had them put Nonta's name on it
でもウェイティングリストがあるって言うから、のん太の名前入れてもらったよ。

ウェイティングリストがとんでもなくて、「のん太が25歳になる頃には多分順番が回ってくるらしい」だと。。

 

25歳ののん太か。 想像つかないや。 どうしているかな?

| まつりん | ADHD | comments(0) | trackbacks(0) |
キスケのアセスメント終了


キスケのアセスメントがとりあえず終わりました。

診断名はADHD と軽いLD(ワーキングメモリー、書くのが困難)とのこと。

LDの診断名はつけたくなかったら付けないと言われたのだけど、診断名が付くことによって、学校でエイドさんが付く可能性などの特別な配慮がもらえる場合もあるので、症状は軽いけれども診断名をいただくことにしました。

ただし自閉では無いし、IQが高すぎるので、「この州では政府認定の障害児」扱いにはならないとのことで、のん太が受けている政府からの補助金も受けられないとのことでした。 だから今後セラピーなどが必要になれば自腹ってことね。

テストのカテゴリーによって、結果の幅が大きいのがLDの特徴でもあるのだけど、
ある部分では平均以上、ある部分では平均値の下限ギリギリ。

2回のアポイントメントでそれぞれ2時間キスケを見ただけ(テストもしたけど)
どれだけわかるもんか? 納得がいかないアセスメント結果だったらどうしてくれようって思っていたけど、この先生はすばらしかったです。

まず、私達が「あれは苦手だろうな」って思っていたいくつかの事柄について
「教えたらできるようになる。 教えられていないからできるようになっていないだけ」って言ってくれました。 おーーーー なんか希望が〜〜

でも同時に
「教えられなかったらできるようにはならないから、回りを見て自然に身についていくってことはあまり無い」とも。。

これはちょっと得意かもって思っていた事柄については
「ギフテドの域」だけど、他の部分とのバランスが悪くて、結果としてあまり評価されないことが多いとか。

「書くことが苦手」にしても
「頭の中にはアイデアがぐるぐると渦巻いているけれど、書くのが苦手だから、それを書こうとさえしないし、口に出すこともしない(口に出せば書けと言われるから)、キーボードスキルを身につけることによって、作家にでもなれちゃうくらい文章力があがるはず」と目からうろこのアドバイスを頂けました。 
 
これはずいぶん大口たたいちゃってるなーって感じですが、続きがあって

 
続きを読む >>
| まつりん | ADHD | comments(0) | trackbacks(0) |
嬉しいこと二つ


ホメオパスのDさんと連絡が取れて、ちょっとキスケの事を相談したところ、セントジョーンズワートを試してみてもOKという返事がもらえました。
クラシカルホメオパスのSさんは「絶対だめ!」だったんだけど、Dさんのスタンスは違うのね。

Dさんの自宅はここから車で3時間ほどのM町。 M町は近くのL市のベッドタウンとしても知られていて、DさんはL市のクリニックをメインでやっているの。 だからこちらに来るのは週に2日だけ。
明日の朝オフィスに来たらすぐにスケジュールをチェックして空きがあればキスケとのん太と診てもらうってことになりました^^

Dさんの奥さんは4人の子供をホームスクールしているので「キスケがホームスクールすることになったら何でも聞いてねー」って心強い! なんたって結婚前からの付き合いだから、気心知れてて頼りになります。

それからもう一つ嬉しいこと 
低レベルなので、お恥ずかしいのですが。。
続きを読む >>
| まつりん | ADHD | comments(4) | trackbacks(0) |
目で見る筆算

ブログは離れると、更新がおっくうになってしまいますねぇ。。 

え? 私だけ?

皆元気にしていますよ。 

GFCFに加えてイーストフリーにしてから、のん太の調子がすこぶる良いです。

朝は相変わらずなんだけど、薬を飲んでいる日中、夜はちょっと別人? ってくらい頑張ってくれています。  学習面での効果はまだ見えていませんがね。。

キスケもしばらくはかなり調子良かったのですが、学校でインチキするようになってきまして。。。 今はかなり調子悪いです(^^;)

キスケの担任の先生からご紹介いただいた、サイトをご紹介させてくださいませね。

足し算、引き算の筆算のツールです。 Javaが必要になります。 
私も今までJava入れていなかったんですけど、入れる価値ありますぞ。

どんなもんか、写真、ぼけてますが見て下さいね。

9+7の筆算です。 



ちょいと見えにくいかもしれないですが、一番右に数字、メインの表は位分けしてあって、1の位の上下にそれぞれブロックが9個と7個入ってます。

とりあえず全体がわかりやすいように、上の段から下の段へ ブロックを一つ一つドラッグして移動させます。



ブロックが16個ありますが、ここで終わりじゃないですよ。

カーソルを操作して、ブロック10個を四角で囲むと



今までばらばらだった 10個のブロックが綺麗に1本のブロックの束になってくれました。

これを左の10の位に移動させます。



ここで初めて右側の数字の答えが表示されます。

位が高くなっていくと、その都度数字が1の位から表示されていきます。

引き算は画像用意してないですが、上下でブロックの色が違います。 上下のブロックをドラッグして合わせてあげるとそのブロックが消えていきます。

隣の位から借りてくると、それまで一塊だった1000(立方体)が10枚の100(長方形)のに、100は10本の棒に、10は10個のバラバラのブロックに勝手に変身してくれて、右側の数字には斜線(/)が入って、新しい数字が書き込まれます。

使い方はいろいろだと思いますが、我が家では大ヒット!

始めはゲーム感覚で、数字なんて殆ど見ていませんでしたが、 
右側の数字部分を隠したり(PC画面で操作)すると、ちょっと真剣に「勉強」っぽくなったりもします。

もちろん無料のサイトで、ユタ州立大学が運営しているようです。

足し算、引き算の他にも色々あります。 こちらから

 

足し算は上から3番目の Base Blocks Addition

引き算は上から5番目の Base Blocks Subtraction


筆算で、繰り上がり、繰り下がりがいまいちイメージができてないなーってお子さんに試してみてくださいね^^

| まつりん | ADHD | comments(0) | trackbacks(0) |
のん太の新しいDr.


昨日より20度も気温が上がりました!
たー坊を迎えに行った時点の気温がー17℃

ママさん達が「この調子で行けば明日はビーチに行けるわー!」ってふざけてたくらい。

ー17℃で「あったかいねー」ってどうよ・・





さて、のん太ですが、今までの小児科のDr.といまいちソリが合わなくて、ファミリードクターから紹介された「発達障害に詳しいDr.」ってところに行ってきました。

今までのDr.Aはなーんの検査もしなかったのに、このDr.Hはいろーんな検査をしてくれました。 (耳圧の検査なんて始めて) それだけでなんか「やる気」が感じられてうれしかったりして^^

人当たりはとても良い先生だけど、アジアの方で、英語がちょいとわかりにくいのが難点。

クリニックがダウンタウンのダーリンのオフィスのまん前のビル内なので、今後は彼が連れて行ってくれることが多くなりそう。 なにしろ駐車場代が高くてびっくらこいただよ。

これからどういう治療(?)をしていくかはまだ決まっていないけれど、いろいろ話を聞いてくれたり、生まれてから今までのさまざまな検査の結果なんかを集めてからまた次の予約をってことになった。

のん太の件では急いでいないので、これでOK。



続きを読む >>
| まつりん | ADHD | comments(2) | trackbacks(0) |
親がみかたしないでどうするよ?
たった今、貴重な障害児ママ友さんとのチャットが終わったところ。

チャットの内容をちょいとコピペ。

昨日キスケの学校に迎えに行ったときに
学校の先生、美術の先生だったと思うけど
キスケを見て「親は大変だと思うけど、リラックスして見守ってあげないと、あの子たちは生きていけないんだよ」って
その先生にも15歳のADHDミックスの子がいるんだって

続きを読む >>
| まつりん | ADHD | comments(3) | trackbacks(0) |
ADHDチェックリスト
いつもお世話になっているケンバーンさんのブログ
「多動と攻撃性がないと日本ではADHDと診断されない」と読んで、ものすごいショック。。

ADHDはAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略で、そのどこにも攻撃性を現す単語は含まれてないのよ。 

ADHDとは 

注意欠陥/多動性障害のことで、注意力の障害と多動・衝動性を特徴とする行動の障害です。
 具体的な症状としては 以下の症状があると言われています。
  注意障害  注意が持続できない、必要なものをなくす、注意がそれやすい、毎日の活動を忘れてしまう、など
  多動性  手足をそわそわ動かす、離席が多い、走り回ったり高いところへ上がったりする、じっとしていない、しゃべりすぎる、など
   衝動性  質問が終わらないうちに答えてしまう、順番を待つことが苦手、他人にちょっかいを出す、など   
と東京都福祉保険局のサイトでは掲載されてます。


ADHD ADHD ってもう誰でも知っている単語だと思い込んで書いてきたけれど、ここで改めて日本語で検索してみた私。

「多動 攻撃性」と入力したら、結構沢山でてきた。

ADHDは多動と攻撃性とを併せ持つと思っている人の多いこと、そして医療関係者も。。

かの有名な佐賀の少年バスジャック事件の犯人となった少年はある精神科医が母親との電話診断だけで少年を精神病院に入院させ、少年は外泊許可の出た日に「よくも自分をこんなところに入院させたな」と怒り狂ってバスジャック事件を起したといわれている、その精神科医が書いたADHDの本を、「超お勧めしない本」と紹介しているページを発見。

こんなことを東大出とか、アメリカで経験があるとかそういう一見すごそうな肩書きを持つ医者が言うから、世の中が混乱するんです!

ADHDは攻撃性をその特徴に含んで居ません

じゃあ ADHDってなんだ? って方。 ただ単純にADHDって何ー 簡単に知りたいー ならこちら 漫画でわかりやすーーーーく ADHDを説明してくれています。 

自分や子供がADHDかも? と思う方は、下のチェックリストをどうぞ。

ADHDに似ているけど、攻撃性などを伴う障害のチェックリストは次回。

JUGEMテーマ:育児


続きを読む >>
| まつりん | ADHD | comments(3) | trackbacks(0) |