ADHD☆LD あんなこと こんなこと

ADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(20)とADDな次男キスケ(18)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

しばらく放置していましたが、今ちょっと思うところあって過去に書いたけど非公開にしていた記事なんかも掘り起こして公開していこうと思っています。でも基本放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief (JUGEMレビュー »)
Rick Riordan
のん太が初めて超特急で読破した「絵の無い分厚い本」 映画になりましたねー 「石になーれ!」ってやってるあれですよ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today (JUGEMレビュー »)
Kathleen Desmaisons
甘いもの大好きなADHDさんたち。
シュガーフリーで症状が安定するかも!
砂糖中毒のキスケがシュガーフリーになるきっかけになった本
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
バカをつくる学校
バカをつくる学校 (JUGEMレビュー »)
ジョン・テイラー・ガット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< EEG バイオフィードバック ゲーム Mindball | main | どんぐり倶楽部との出会い 2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
どんぐり倶楽部との出会い


どんぐり倶楽部についてちょっと書いておこうと思います。

出会いは去年(2007年)の四月の終わりでした。

のん太とキスケが学校で必要なことを学べていないんじゃないかって気持ちが強まってきていた時で、例えば時計が読めないとか、月の名前をJanuaryからDecemberまで順番に言えない(カナダ在住ですよ)、曜日を順番に言えない、なんていうのに遭遇する度に、

「幼稚園でならったじゃん!」
「前は言えたじゃん!」
「どうしてーーー? このままじゃうちの子たちはどうなっちゃうのーーー?」

って本当に不安で不安で。。。

我が家では
◎学校のある日は
  ・本を音読(兄弟か親に読み聞かせる)
  ・算数のドリルを1ページ
  ・英語のドリルを1ページ

◎学校の無い日(夏休みとか)は
  ・本を音読
  ・算数ドリルを2ページ
  ・英語のドリルを2ページ
  ・日記を書く

っていうのが決まりで、それが終わらないと遊びにいけない(家の中、外関わらず)というルールでした。
今から思えば子供の学習効果にはまさに逆効果のことばかりしていました。

悲惨だったのが、どんぐり倶楽部と知り合うたった1ヶ月前。。

2007年の3月の終わりから4月にかけて 私は子供達を連れて5年ぶりに日本に帰りました。 

最初の1週間は実家で世話になり、次の十日間はダーリンが出張で日本に来たので合流しウィークリーマンションに滞在、最後の十日間はJRパスを使って西日本を旅行しました。

環境の変化にちょーーーー 敏感なのん太と、好奇心の塊キスケは日本の実家での生活に馴染むのに時間がかかりました。

狭くてごちゃごちゃした家、知らない匂い、床に座る生活、周りの音、言葉、食べ物、ものすごく大変だったと思います。

なのに、

私は 毎朝、朝食が済むと「これが終わらないと出かけられないのよ!」って子供達にドリルをさせました。 気が散って、気が散って、全く答えが出ません。
1ページに25問の計算問題があったりもしました。

お昼から出かけようと思っていたのに、一日のタスクが終わっていないから出かけられません。  せっかく日本にいるんだもん、セブンイレブンで良いから行きたいよー! って気持ちを抑えつつ、子供の勉強の相手をしました。

実家の前は梨畑。 探せば蝉の抜け殻が沢山見つかったはずです。

ダーリンが合流してからは都内の大きなマンションに移動したので子供達も大分落ち着いて、勉強もはかどりました。

十日間の旅行中は新幹線の中で、ホテルで勉強させました。 
勉強する時間と、遊びの時間をきっちりきっちり分けていたのです。

新幹線の中を一号車から最終車両まで歩いて、社会見学すれば良かった、
車窓からの景色を見ながら、カナダとは何が違うかを子供と探せばよかった、
後悔してももう遅いですけどね。。

そしてどんぐりと出会います。 衝撃でした。 







 

| まつりん | どんぐりのこと | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
ひつじぐさ (2008/03/06 11:48 AM)
なんか、泣けましたー。
しかも、そんなに長期滞在していたんですね。あちこち出かけていたんですね。そっちも惜しくて泣ける。
でもその衝撃で出会ったのがよかったのかも。
私も家庭学習毎日のようにさせて、「僕を自由にさせて」と言われてから気づきました。もっと前からどんぐりの存在は知っていたのに。
あの時じゃなかったら気づけなかったのかな。
matsurin (2008/03/07 2:59 AM)
酷いでしょ? 鬼母!
新幹線の中のおじいちゃん達に「お 外人の子が勉強してるよー」とか見学されちゃいました。

学校休んで来ているんだから、勉強するのが当然! なんてほんっと後悔しきれないですけどね。 でもその経験があったからこそ、絶妙のタイミングでどんぐりと出会えたんだと思っています。

何事にもタイミングってあるのよね。
畑野そらまめ (2008/03/07 7:47 AM)
私もランドセル投げた奴ですから…。
本当、そんなタイミングだったからしみこんだと思います。
紹介していただいてありがとうございます。
matsurin (2008/03/07 8:03 AM)
♪そらまめさん♪

どんぐりの樹海で途方にくれていた私を助けてくれたのはそらまめさんでしたね。 その節はお世話になりました。

今は我が家なりにアレンジしてどんぐりを味わっています。
せっかくどんぐりに出会えて、今は生活に馴染んでいるので、これからも周りに振り回されないで、型にはめずに、他人と比べずに、気楽にやっていこうと思います。









url: http://adhd-ld.jugem.jp/trackback/169