ADHD☆LD あんなこと こんなことADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(18)とADDな次男キスケ(16)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    キスケのハッピーな日々 23:58
    0


      6日でキスケが9歳になりました。

      甘いものが大好きで「砂糖中毒」といわれているキスケは去年の秋から砂糖抜き生活をしています。 時々いんちきしているけどね。

      ナチュラスパスの先生に、キスケの砂糖の影響は内臓だけじゃなくて、精神面に大きく関係しているって言われてて、内臓がOKを出しても脳がなかなかOKを出してくれない状態だそうで。。

      白砂糖はもちろん、イーストとは関係ない甘味料もあまり使わない方が良いといわれています。



      やっぱり誕生日にはケーキが食べたい!

      ということで 先生に聞いてみました。

      「キスケがケーキを食べたらどうなりますか? また振り出しに戻っちゃいますか?」

      って



      そしたら

      「振出には戻らないけど、なんらかの影響が後で出るだろうから、その覚悟と準備はしておいたほうがいい」って言われました。

      よし。
      そこで、

      本当は火曜日が誕生日なんだけど、土曜日に誕生祝第一弾、食べ物の部で、キスケの大好きなタコスとケーキを食べました。

      米粉とキシリトールを使ったシフォンケーキに、生クリームとイチゴソース(いずれもキシリトールかステビアで甘さをプラス)をトッピングしました。

      このケーキ、すんごくふわふわで、ちょっとびっくりでした。 美味しかったよー!

      一応生クリームをブロックできるようにGFCF用の消化酵素を飲ませてからケーキカット

      キスケものん太も大満足! で2人とも2切れずつ食べました。

      メインのプレゼント(親が考えたプレゼント)を渡して、土曜日は無事に終了。 

      キスケの目の下にクマが出ることも、のん太のお腹の調子が悪くなったり、耳が真っ赤になったりすることもありませんでした。

      翌日は日曜日で、教会で誕生日のお祝い(皆の前に出て歌ってもらって、小さなプレゼントをもらいました)

      月曜日は家族でボウリングに行きました。 5ピンのボウリングです。 

      誕生日当日の火曜日には朝食後、キスケが希望していた玩具をプレゼント。
      熱望していた爆丸は残念ながら、今市内ではどこも売り切れで手に入らなかったので、第二希望のトランスフォーマーをプレゼント。

      我が家には「誰かの誕生日には、その兄弟もプレゼントをもらえる」という妙な伝統があります。

      キスケの誕生日ではキスケがプレゼントをメインでもらうけれど、最後に、キスケからということで、のん太とたー坊に「良いお兄ちゃん、良い弟でいてくれてありがとう」とプレゼントを渡すんです。

      今回はダーリンがトランスフォーマーを4つ買って来ていて、それを全てキスケに渡し、キスケが自分の好きな2つを選んだ後、これはのん太に、これはたー坊にと決めて、兄弟にプレゼントしていました。

      お店で子供に選ばせることもありますし、本人がお小遣いで1ドルショップで何か買うこともあります。

      そんなこんなで長く続いたキスケの誕生祝の日々ですが、
      日曜日あたりから、のん太の様子が、水曜日辺りからキスケの様子が変です。

      のん太は言動がとにかく妙で、お腹の調子も悪いし、頭がクラクラするとも言っています。
      キスケは普段よりイライラしていて、小さいことが気になる様子。

      これはケーキと関係しているのか、イベント続きで調子が狂ったのかわかりません。

      キスケは今日「ケーキは嬉しかったし、美味しかったけど、やっぱり甘いのを食べるとその後ハッピーじゃ無くなる」って悲しそうに言ってました。

      自覚できるようになってきているとしたら、大きな進歩だなって思うけど、早くいつものキスケに戻って欲しいです。
      | 食べ物のこと | comments(4) | trackbacks(1) | posted by matsurin -
      スポンサーサイト 23:58
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
        Comment








        うるうるうるうる;;
        ケーキ食べてもなんともなくてよかったーなんて思いながら読み、兄弟もプレゼントがあるなんて、すごい素敵と思って読み、最後の、ハッピーじゃなくなる、を読んでもう泣けました。
        早く調子が戻るといいですね。
        posted by ひつじぐさ | 2008/05/09 5:12 PM |
        とにかくキスケ君誕生日おめでとう^^v

        でもやっぱり大変なんだね__;
        キスケ君の自覚が出てきたのは大きな進歩だね。
        自分での気づきは一番効果あるんだよね。
        その成長がキスケ君の生活に良い影響をもたらすといいね。
        posted by kenbarn38 | 2008/05/10 6:56 PM |
        ひつじぐささん♪

        キスケはだいぶ落ち着いてきました。

        後から悪影響が少なからず出るっていうのは、本人にも良く分かったみたいだけど、やっぱり時々は食べたいみたいですね。

        これが本当にいつかは「何でもある程度食べても反応しなくなる」のかなぁ。。 

        posted by matsurin | 2008/05/11 1:12 AM |
        kenbarnさん♪

        >とにかくキスケ君誕生日おめでとう^^v

        ありがとう^^
        自覚できるようになったのは大きな進歩だと思います。
        今後は「多少の悪影響」を考慮して、特別な行事に少しだけ食べるとかそういう風になっていくのかなぁ って思ってます。

        今日(土曜日)キスケのお友達のお誕生会(ランチの後にローラーブレードに行く)に呼ばれているのだけれど、キスケと相談して、ランチが終わった頃に会場に到着して、ローラーブレードだけ参加することにしました。

        自分で決められるようになったのは、成長ですよね。
        posted by matsurin | 2008/05/11 1:16 AM |
        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://adhd-ld.jugem.jp/trackback/213
        ADHDとは子供の注意欠陥/多動性障害の事を指しますが、フラバンジェノールとしてもお馴染みのフラバンジェノールがこのADHDを緩和するという研究結果が・・・
        | フラバンジェノールの効果・効能・効能 | 2008/05/26 7:03 AM |
        << NEW | TOP | OLD>>