ADHD☆LD あんなこと こんなこと

ADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(20)とADDな次男キスケ(18)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

しばらく放置していましたが、今ちょっと思うところあって過去に書いたけど非公開にしていた記事なんかも掘り起こして公開していこうと思っています。でも基本放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief (JUGEMレビュー »)
Rick Riordan
のん太が初めて超特急で読破した「絵の無い分厚い本」 映画になりましたねー 「石になーれ!」ってやってるあれですよ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today (JUGEMレビュー »)
Kathleen Desmaisons
甘いもの大好きなADHDさんたち。
シュガーフリーで症状が安定するかも!
砂糖中毒のキスケがシュガーフリーになるきっかけになった本
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
バカをつくる学校
バカをつくる学校 (JUGEMレビュー »)
ジョン・テイラー・ガット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 薬切れかなっと | main | 学校探しの度 途中経過報告 その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
学校探しの旅 途中経過報告 その1
JUGEMテーマ:育児


9月の新年度から、3人一緒に通わせるつもりでいたチャーチスクールが没になったので、今学校探しでさまよっている今日この頃。

別の私立校も一応チェックしていて、そこに決まれば3人一緒に通えるけど、今のところは3人別々で考えています。

のん太、キスケ、たー坊それぞれの個性があまりにも違いすぎて、普通の公立に入れて満足な学校生活が送れるとはちょっと考えられないので。。

昨日はたー坊の入学を希望していたT学校の体験入学みたいなのがありました。

朝9時過ぎから、学校が普通に始まる時間からの体験入学だったので、午前中にキンダーに行っている子は休んで参加していた様です。

体育館の後ろ半分に椅子が並べてあって、そこに新入学予定者とその親が座ってしばらくしたら、現在T学校に通う児童達が入場してきて体育館の前半分に座りました。

この校舎は公立のG学校(キンダーから6年生まで)と、このT学校(キンダーから3年生まで)、そして、たー坊が通っているコミュニティのキンダーが入っています。

G学校とT学校は校長やアドミニストレーションは同じ。 
来年度からはG学校の生徒はいなくなり、T学校と、コミュニティキンダーだけになるそうです。

この学校、毎朝カナダ国歌が学校放送で流れて、皆一緒に歌うんだけど、児童が順番でマイクに向かって歌うんですよ。 下手な子もいれば、上手な子もいる。 昨日の子はめっちゃ音痴で、リズムもちょー マイペースで面白かったです。

国歌が斉唱が終わった後、なんと、T学校の生徒達は「今度はフランス語で歌います」と国歌をフランス語で斉唱。
 「ほー すげー!」って口をあけていたら、 今まで前を向いていた児童達が 私達に向かい合うように回れ右をして、

 「T学校のテーマソングを歌います」って 児童80人程が歌ってくれました。
3番まであって、ちょっと振り付けもあったりしたんだけど、なんか変。

何? これ、変じゃない?

何が変って。。




誰一人笑顔じゃないの。





皆同じ顔で歌ってる。



会場に入ってきた時は親に向かって手を振っていたような子(弟か妹が新入学予定者なんでしょうね)も皆、能面みたいになって歌っているんです。 振り付けしててもよ。
 
小学校低学年で、こんなのなかなか見ないよ?? 必ず数人はふざけてたり、歌ってなかったり、へらへらしたりしてない??




しかも、それを見ている先生も、微笑んでいる人がいない。。。



私はすっごい違和感を感じました。



ちょー感激屋さんの私は、子供が歌っていると、歌っているってだけで涙腺が緩んで、歌っている子の数が増えれば増えるだけ、涙腺緩み度が増し、突然振り付けなんてされたらもう ジャーーーって目から汗が流れるってのが常なんだけど、昨日ばかりは涙腺がっちりしまったままでした。


その後子供たちはお教室へ移動、45分くらい新しいお友達と過ごし、親は制服やらスクールバスやらの説明を聞くという形でした。

一緒に参加した友人に「ね 歌の時子供笑ってなかったよね、気づいた?」って聞いたら
「私もおかしいと思ったけど、そういう学校なんでしょ」って感じで、あまり気にはしていない様子でした。

スクールバスを申し込むなら今週の金曜日までに小切手を添えて申請する必要があって、あー もう決められないーーー ってうだうだしていたんだけど、

夜になって旦那に相談すると
「たー坊も行く気になっているんだし、とりあえずT学校でいいじゃん」って。。

でもさでもさ、バスで行くことになったら、朝早くから夕方遅くまで、ずっとたー坊がいなくなっちゃうんだよ。 しかも学校ではあんな能面みたいな顔になっちゃってたら、いやじゃない?  なんていう私の心の叫びはダーリンには届かず。。

どうしようどうしよう。 とりあえずT学校に入学して、気に入らなかったら9月29日で学校辞めてどさくさに紛れてホームスクールしちゃおうかとか、いろいろ考えてなかなか眠れませんでした。

その2に続きます








| まつりん | 学校のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://adhd-ld.jugem.jp/trackback/220