ADHD☆LD あんなこと こんなこと

ADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(20)とADDな次男キスケ(18)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

しばらく放置していましたが、今ちょっと思うところあって過去に書いたけど非公開にしていた記事なんかも掘り起こして公開していこうと思っています。でも基本放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief (JUGEMレビュー »)
Rick Riordan
のん太が初めて超特急で読破した「絵の無い分厚い本」 映画になりましたねー 「石になーれ!」ってやってるあれですよ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today (JUGEMレビュー »)
Kathleen Desmaisons
甘いもの大好きなADHDさんたち。
シュガーフリーで症状が安定するかも!
砂糖中毒のキスケがシュガーフリーになるきっかけになった本
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
バカをつくる学校
バカをつくる学校 (JUGEMレビュー »)
ジョン・テイラー・ガット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 学校はめちゃめちゃ楽しいらしい | main | マインドマップの威力 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
HSもスタート
 HSボードへ無事登録終了し、オフィシャルホームスクーラーになりました^^
たー坊とキスケが学校に行っちゃって、いよいよのん太と2人だけのHSが始まりました。

私の住んでいる州では、ホームスクールには3種類あって、
・州のカリキュラムに沿って学校の指導の元で学習 
・親がプログラムを決めて学習
・学校と親が半分ずつ
って、読んでもちょっとわかんないだろうなって感じですが、まあ、そうなってます。

親がプログラムを決めて勝手に学習ってのは、親が子供の教育の全ての責任を持つってことで、何を教えようと親の勝手ってことでアンスクールとかはこれに入ります。

学校の指導の下で学習ってのは、州単位で決まっている学習要項に沿って、学校の指導《ヘルプ》を受けながら、学校または家で学習するっていう意味で、何を学ぶか、カバーすべき事柄のガイドラインがあって、どう教えるかは親の自由。 クラスを受講するも良し、受講しないも良し、親が買ったワークブックをやるも良し、ネットで教材探しても良し。 
ただ、月に2度、HSボードの担当の先生に4教科のサンプルを提出するってのがあるんだそうです。(これが学校の指導の下っていうことだってのが今日やっとわかりました)

のん太がお世話になるHSボードは一応「学校」なので、子供がちゃんと学習しているというのを州政府に報告する義務があるんだそうです。。  

この学校の指導の下で学習っていうのが、一番正々堂々とHSができるし、担当の先生のヘルプも沢山得られるし、補助金も多い、なんたって一年目だから明確なガイドラインがあるのはありがたい!ってんで、今年はこれで行くことにしました。

で、
担当の先生に提出するサンプルは何でもありで、例えば、英語だったら5種類のサンプルを出すんだけど、それは詩とか手紙を書いたらそのコピー、図書館で本を借りて読んだら図書カード、スペルの練習したノート、ビデオを見た感想文、新聞記事の切り抜き とか まー なんでもいいのね。 

でも、ある程度記録しておく必要があるってわけで、 それをどうやってやれば良いかなぁと今検討中なわけです。
ちなみに、ここ数日私とのん太が何やってたかっていうと、

どんぐり問題一日一問 (1MX)

コピーワーク(一日一名台詞を一番綺麗な字で句読点も含め丁寧に書き取る)

子供用マインドマップの本を読んで実際にマインドマップを作成 

Youtubeでフラワートルティアの作り方を勉強し(メモを取るのはのん太)
フラワートルティアを作成 

ペーパークラフト

読書 

くらいで、「あんまりやってないのね」み見えるかもしれないけど、私たちにしてみればかなり充実〜 なのです。 

中でものん太が好んでやっているのが、コピーワーク。
私がやりたいなって思っているHSメソードの中の一つの科目(?)なんだけど、本来は一日一節何かしらを丁寧に書き取るってだけなんだけど、それだけじゃ のん太はつまんないかなぁって思ったから、その一節から見えてくる情景を絵にしてもらうことにしたんです。

一日目はシェークスピアの「真夏の夜の夢」からの短い一節だったんだけど、「彼女、小さいけど、激しいよね」って感じの文だったもんだから、その絵を描くのはかなり楽しかった様子^^

二日目はスターウォーズのヨーダのセリフだったしで、まー 今のところかなり楽しくやってるみたいです。 

「真夏の夜の夢」は来月HSのアクティビティでバレエを見に行くのでその予習のつもりで子供用に書き直されたのを読んでます。 書き取り用の名台詞は大人用(古い英語)を使ってます。

HSボードでのん太が取るクラスはとりあえず4こまだけ。 来週から週に二日、いずれも午前中だけ行って終了。

残った時間はできるだけのんびりと、好きな事優先でやっていけたらなって思ってます。



| まつりん | 今日のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://adhd-ld.jugem.jp/trackback/242