ADHD☆LD あんなこと こんなこと

ADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(20)とADDな次男キスケ(18)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

しばらく放置していましたが、今ちょっと思うところあって過去に書いたけど非公開にしていた記事なんかも掘り起こして公開していこうと思っています。でも基本放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief (JUGEMレビュー »)
Rick Riordan
のん太が初めて超特急で読破した「絵の無い分厚い本」 映画になりましたねー 「石になーれ!」ってやってるあれですよ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today (JUGEMレビュー »)
Kathleen Desmaisons
甘いもの大好きなADHDさんたち。
シュガーフリーで症状が安定するかも!
砂糖中毒のキスケがシュガーフリーになるきっかけになった本
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
バカをつくる学校
バカをつくる学校 (JUGEMレビュー »)
ジョン・テイラー・ガット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< のん太の涙 | main | エアライン・アメニティキットの使い道 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
のん太の笑顔が目にしみる


本棚の整理したら、のん太が以前通っていた学校の図書室の本が出てきちゃったので、本日返却に行って来ました。

学校についたのはお昼時で、ラウンジでランチを食べているスタッフや先生達が「あ、のん太だ! のん太ーー!」ってまず声をかけてくれてのん太は嬉しそう。

図書室に本を返し、のん太が真っ先に向かったのが、大好きな美術の先生の部屋。
残念ながら美術のK先生は今日は午前中で帰っちゃったんだそう。。

続いて、5年生のクラスに行ってみました。


「きゃーーー! のん太ーーーーー!」
それはそれはすごい歓迎ぶりでびっくり@@

仲良しのK君(極めて明るい自閉症児:本年度は学校に戻らないって言ってたけど、シングルマザーなので結局HSには踏み切れず、かといって最適の学校も見つからなかったってことみたい)と、C君(ADHD,OCD、その他もろもろ)は私も顔見知りなので、のん太と少し話した後は私のところにも来ていろいろと話をしてくれました。

先生も去年の先生とは打って変わって優しくおっとりして、でも肝っ玉据わっていそうな若い女性でとっても良い感じ。

「のん太がびっくりしてるよー 順番順番!」なんて言ってくれちゃってる。

クラス写真を撮ろう! ってことになって、のん太を中心に子供達が集まり皆ニコニコ顔で数枚撮影。

のん太のこんなに楽しそうな顔見たの久しぶりかも。。。。

この学校ではのん太は常に人気者だったのに、私がHSすることに決めてしまって、のん太から友達と一緒にいる時間を奪っちゃったんだと思うと、胸が苦しくなっちゃった。

かといってこの学校に戻すわけにはいかないんだ。 のん太は教えればできるようになる子だから、私はできる限りのことをのん太のペースに合わせて教えたい。 この学校ではのん太よりもできない子が多かったから、のん太は常に「できる」ことしか教えてもらえなかったの。 
何でも誰よりもできるのん太はこの学校ではあまり先生にかまってもらえなかったのか、調子が悪いと、重い障害のある子の言動の真似をするようになってそれを家でもしばらく続けていたの。 またあんなのん太を見るのは嫌だから。。

HSのお友達と力いっぱい遊べるパークデーももう寒くなってきたから春までお休みになるし、これからはどうやって他の子と関わっていくかを考えなくちゃだわ。

私と家にいると、どうしても「これやって」「あれやって」「それができるならこれでもできるでしょ」「これができるならもっとできるでしょ」ってことが多くなっちゃって、「のん太すごーい!」なんてのは少なくなっちゃうんだけど、この学校では「のん太すごーい!」が毎日沢山あったんだよね。 
あんまりにも「のん太すごーい」が多すぎて、天狗になっちゃって、自分の足元見えなくなっちゃってたのん太が完成しちゃったのも問題だけど、日常的にポジティブに受け入れてもらえるってのはすごいことだよなぁ・・

帰り際には「T君がいないから探しに行きたい」っていろいろな先生に声をかけて、校庭で遊んでいるT君を発見。 のん太を見るや走ってきてギューってハグしてきて、かわいいったらありゃしない。 のん太が3年生の時にお世話になったK先生もニコニコ顔で対応してくれて、のん太も嬉しそうだった。

今日ののん太の笑顔にはいろーんなことを考えさせられました。
のん太をHSしたことが失敗だとは思わないんだけど、のん太の本当の気持ちはどうなんだろう?? 私はのん太の人生を台無しにしていないかなぁ。。
| まつりん | 今日のできごと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://adhd-ld.jugem.jp/trackback/259