ADHD☆LD あんなこと こんなこと

ADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(20)とADDな次男キスケ(18)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

しばらく放置していましたが、今ちょっと思うところあって過去に書いたけど非公開にしていた記事なんかも掘り起こして公開していこうと思っています。でも基本放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief (JUGEMレビュー »)
Rick Riordan
のん太が初めて超特急で読破した「絵の無い分厚い本」 映画になりましたねー 「石になーれ!」ってやってるあれですよ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today (JUGEMレビュー »)
Kathleen Desmaisons
甘いもの大好きなADHDさんたち。
シュガーフリーで症状が安定するかも!
砂糖中毒のキスケがシュガーフリーになるきっかけになった本
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
バカをつくる学校
バカをつくる学校 (JUGEMレビュー »)
ジョン・テイラー・ガット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< めがねだって・・・ | main | ミステリークラスが熱い! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
HSスキースクール
  

市内のホームスクール(HS)ボードがスキースクールを計画してくれて、違うボードでもHSなら参加OKってことで、のん太も3月の最初の2週間、4回のスクールに参加してきたよ。

子供達のスキーのレベルにも寄るんだけど、初心者はゲレンデの下の方に設置されているいくつかのステーションで基礎を少しずつ教えてもらって、ステーション1を卒業したらステーション2へって移動するようになっているの。
スキーパスと一緒に レッスンパスポートっていうのをぶら下げていて、必要な技術を習得できたなってところでスタッフがチェックマークをしてくれて次に進むってのだから、
のん太の先生はこの人! っていうのはいなくて、ちょっとスタンプラリーみたいな感じ。


スクールエリアには
「親御さんはご遠慮ください」 みたいな看板があって、

「えーー でものん太は誰かが付きっ切りでいてあげないと駄目じゃーん」とかすっごい心配だったんだけど、まー 規則だしってんで、のん太を置いて、私はデイロッジに。。

デイロッジにはHSグループが他にも来ていて、かなりの賑わい!

他にも学校単位で来ているグループとかもあるので、一箇所が異常に込み合わないように
スキーレンタルをする時間、ランチ、レンタルを返す時間 がそれぞれ微妙に時間をずらして決められているの。

うちのグループのランチタイムは12:30.
のん太に腕時計をさせていなかったし、空腹感を感じにくい子だから、ちゃんとロッジに来るかどうか不安で不安で。。。。

案の定12:30には来なくて(爆) 皆が食べ終わってロッジが空いたころ
「水ーーー 喉渇いたーー!」って 戻ってきました^^
一緒に待っていてくれたママ友達も「おー 戻ってきたーーー!」ってちょっと感動してくれてたのが笑える・・


↑ママ友達の一人。 椅子を横にしてプレイサークルを作って、ベビーを寝かしつけているところ。。 こんなのあり? 日本ならちょーー 顰蹙じゃーんって思ったけど、通る人は「おー 賢い〜」とか言ってくれてたよ


スクール3日目にはダーリンがお仕事半休して、のん太と滑ってくれました。
大人と一緒だとスクールエリアを離れてリフトに乗ってゲレンデのどこを滑ってもOK。
ゆっくりゆっくり5本滑って満足した様子。
レッスンエリアで卒業できなかった技術もダーリンと一緒に滑ることで習得できたみたいで、 4日目の最終日にはパスポートにチェックマークが増えて、一人でリフトに乗ってゲレンデを自由に滑ってOKの許可が出ました。

ランチタイムに一度戻ってきたけど、私が見つけられなくて、ママ友達に「一本だけ滑ってまた戻ってくる」と言い残しまたゲレンデへ・・
結局5本くらい滑って降りてきたところを私が下で待ち構えてロッジに引きづり込みランチ(^^)

滅多に汗をかかない子なんだけど、スキーの時は汗びっしょり! 

初日は気温が低すぎて(体感温度-35℃だったかな)でゲレンデ閉鎖、閉鎖になったのが延期になって開催された4日目も、朝の体感温度が-19℃っていう極寒だったんだけど、それでも体を一生懸命動かすと汗って出るのね〜〜〜

脳損傷あっても好きなことならこんなに広い所で一人になってもちゃんと、安全な選択(ジャンプエリアに入って無茶するとか、コブ斜面行っちゃうとか、誘惑はある)をして楽しめたよ! 

「母上見ててね!」
って一人でリフトに乗って行くのん太を頼もしく感じた嬉しい日でした。



またチャンスがあったらこのスキースクールに参加しまーす!


| まつりん | HS-ホームスクールのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://adhd-ld.jugem.jp/trackback/278