ADHD☆LD あんなこと こんなこと

ADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(20)とADDな次男キスケ(18)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

しばらく放置していましたが、今ちょっと思うところあって過去に書いたけど非公開にしていた記事なんかも掘り起こして公開していこうと思っています。でも基本放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief (JUGEMレビュー »)
Rick Riordan
のん太が初めて超特急で読破した「絵の無い分厚い本」 映画になりましたねー 「石になーれ!」ってやってるあれですよ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today (JUGEMレビュー »)
Kathleen Desmaisons
甘いもの大好きなADHDさんたち。
シュガーフリーで症状が安定するかも!
砂糖中毒のキスケがシュガーフリーになるきっかけになった本
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
バカをつくる学校
バカをつくる学校 (JUGEMレビュー »)
ジョン・テイラー・ガット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< ミステリークラスが熱い! | main | Little Sugar Addict 〜 砂糖は愛じゃない! >>
キスケ、糖摂取のタイミング


3月の後半、8日間家族旅行に行って来ました。 旅行の内容はまたその気になった時に書くとして、今日は旅行中の食事で学んだ事ご報告〜です。

今回の旅行は今までの「近くのスーパーで食べられる食材を調達すれば良いや」とか、「食べられそうなものが置いてあるレストランを調べておいてそこに行けば良いや」ってのとはわけが違いました。 
旅行のメイン5日間は「船上の人」となる為、スーパーとか無いし、外食ったって、船内のレストラン、売店のみ となるから。。

いろいろ調べた結果、船内では様々なアレルギーや食事制限に極力対応する努力をしてくれるということがわかり、よし! じゃあ消化酵素たっぷり携えて挑戦してみよう! 万が一悪影響が出たって、学校に行っているわけじゃないし、親が2人くっついているんだから、なんとかなるさ! っていう、まさに大船に乗った気持ちで出発しました。

結果を先に書いちゃうと、船内の食事も、乗船前後の食事もわりとOKでした。

一度だけ、船内のレストランで、お子様コースの前菜にフルーツを食べたら、キスケにすんごい勢いでネガティブ行動が出てきました。
以前学校でキャンディー食べて様子がおかしくなって問題を起こした時もそうだったんだけど、「好きなものが食べられないなんて、こんな馬鹿な食事制限はもう辞めたい。 僕が我慢しているのはキャンディーだけじゃないんだ、パンとピザとか、いろんなものを本当は食べたいんだ」って怖い顔してぶつぶつつぶやきが延々と続きます。

前の日の夜、食事のデザートにフルーツを少し食べた際は大丈夫だったから、つい油断しちゃったのね。

で、旅行中の食事で実体験の元確実になったのは、

糖分は果糖であっても、すきっ腹には禁物。 たんぱく質や野菜をたっぷり採った後ならある程度食べても大丈夫」ということ。

船内最後の夕食中、私たちのテーブルの後ろに座っている方が、フルーツの盛り合わせをデザートに食べていたのを見て、キスケは「デザートにあれが食べたい」と言ったのですよ。

メニューには美味しそうなチョコレートケーキだの、クリームブリュレだの、アイスクリームだのって書いてあるし、たー坊は「ミッキーさんのアイスクリームバー食べるー」って張り切っている横でのその発言に、「最後の夕食だし、食後なんだからかなえてあげたい!」と私たち夫婦もレストランスタッフと相談し、それよりもずっとずっと小さめのフルーツの盛り合わせを作ってもらったのでした。

メロンとかパイナップルとかは糖分が高いし、イーストとの兼ね合いもあり、沢山盛られてたらどうしょうー これは駄目、あれは駄目って言いたくないし・・・
って心配していたんだけど、結局一番心配していたメロンは無しで、スイカで嵩を増して、一口大のパイナップルが3切れとイチゴ、葡萄が少しだけでした。 
それでも綺麗に盛り付けてもらってキスケは大満足。 ネガティブ行動が出る事もなかったんですよ^^

それからは、「食事の後なら少量のフルーツはOK」ってことになって、キスケも嬉しそう。

船内での食事は翌日のメニューをあらかじめ見せてくれて、そこからのん太とキスケが食べたいというのを選んでシェフに伝えてもらい、特別仕様に仕上げてもらうというありがたい扱いを受けることができました。

キッチンは小麦も乳製品も使っているので、GFCF始めたばかりで100%完全削除の人には不向きかもしれないけれど、半年以上過ぎていれば問題ない! って程度だったと思います。

フライドポテトも「同じ油で小麦粉がついたものも揚げている」と言われたのだけど、消化酵素と一緒に食べさせたら問題なしでした。

船を下りた後で、のん太がどうしても食べたい! とフィッシュ&チップスを食べた際、消化酵素は飲んだんだけど、速攻で下痢しました。
小麦粉を揚げた油くらいなら問題なくても、揚げ衣が小麦粉ってのは駄目みたい^^;

今回の旅行で、食べられる物、食べるタイミングによっては大丈夫な物が大分わかってきて、外食もあんまり怖くなくなりました。

| まつりん | 食べ物のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://adhd-ld.jugem.jp/trackback/280