ADHD☆LD あんなこと こんなこと

ADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(20)とADDな次男キスケ(18)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

しばらく放置していましたが、今ちょっと思うところあって過去に書いたけど非公開にしていた記事なんかも掘り起こして公開していこうと思っています。でも基本放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief (JUGEMレビュー »)
Rick Riordan
のん太が初めて超特急で読破した「絵の無い分厚い本」 映画になりましたねー 「石になーれ!」ってやってるあれですよ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today (JUGEMレビュー »)
Kathleen Desmaisons
甘いもの大好きなADHDさんたち。
シュガーフリーで症状が安定するかも!
砂糖中毒のキスケがシュガーフリーになるきっかけになった本
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
バカをつくる学校
バカをつくる学校 (JUGEMレビュー »)
ジョン・テイラー・ガット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< GFCFとりあえずの食べられるものリスト | main | あちゃーーー 学校から電話だよー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
新学期
 短い冬休みが終わり第3学期が始まりました。
ここらの学校は1年4学期制で、基本的には10週間毎に2週間のお休みがあるんです。
今年の第3学期は11週間。。 あーー 長い。 長過ぎる。
あっという間の冬休みを思えば、「たったの5.5倍」なんだけど、違うんだなぁ。。 
ダラダラしててもOKなお休みと決まった時間に毎日起きて、ごはん食べさせて、ランチ作って、忘れ物チェックして、歯磨きしたかって何度も聞いて、あっちゃこっちゃに送って行って、掃除して洗濯して自分の勉強もして、そうだ、買い物もしなくちゃ、ああ、もう迎えに行かなくちゃっていうのを週に5回も繰り返すってのは辛い物がある。 帰って来たら帰って来たでうるさいし、やらせないといけないこともあるし、遊ばせてもあげたいし。。。

まー とにかく学校が始まりました。
キスケ9年生、のん太10年生。
オーストラリアでは(他の州もそうなの? わかんないけど)義務教育は15歳までだそうで、10年生が終われば学校行かないっていう選択もあるらしいです。 
日本もそうだけどさ、中学終われば学校行かないっていうのもありだけど、実際は行くでしょ?
高校行ってないなんていうと、「どうして?」となるわけで、知り合いのお子さんが15歳だからって「中学が終わったらどうするの? まだ学校行くの?」なんて聞かないよね。高校行くのが普通だから。

でも

2ヶ月くらい前かなぁ 私聞かれたんですよ。 同じ年頃のお子さんを持つ知り合いに
「のん太はどうするの? 来年も学校行くの?」って。
恥ずかしながらその時、私は義務教育が15歳までなんて知らなかったので、なんてことを聞いて来るんだろうこの人はって思ったもんです。
ちなみに彼女の息子さんもなんらかの発達障害があって、かなりひどい学習障害らしく、今年度からホームスクールをされているのですが、10年生分の勉強が終わったら教育は終わりにするそうです。 ひゃーーー それってすごいじゃんってついリアクションしちゃったら
「うちは夫の親がいろいろビジネスやっているから、それを手伝わせれば生きて行くには困らないし」と。
そうだよね そういう手があるよね。  彼女のいう学習障害のある息子に手伝わせようっていうビジネスはシドニー郊外にあるキャンプ場らしいです。 いいね そういうファミリービジネスあればね。

さて、うちの3兄弟はそれぞれ将来やりたいことってのがなんとなくあって、今日はキスケの話し。
前どこかで書いたかもしれないけれど、キスケは随分昔から海洋生物学者になりたいと言っていました。 小学校4年生だか3年生だかの時に自由研究でやった海亀のレポートがものすごくよい出来で、リポートを書いた字さえも普段のミミズが這いつくばったみたいなのとは全然違うしっかりした字体で、先生から「親に書いてもらったのは課題として認めない」なんて言われちゃう程のできだったのですよ。 もともと生き物が大好き。 幼稚園の時は蜂に何度刺されてもその蜂について知りたい事があればとことん観察して調べるようなちびっ子でした。 
スキューバのライセンスを取ってからは海の生物への感心がさらに高まり、海洋生物学の勉強がしたいと言うようになったのですが。。。。
海洋生物学の勉強は大学に行ってするんで、大学に行くには今勉強しにとダメなんで。。。ってのがどうもいまいちわかってないみたいなんですよね。
日本と違って、ここは普通の公立なら受験も必要ないし、カリキュラムもおっそろしくゆるゆるなので、よほどの事が無いと高校を卒業できないってことは無さそうなんですけど、大学に行くとなるとまた話しは別。
キスケはアメリカにあるとある大学に行きたいと随分前から言っていて、その大学に行くには10年生から12年生までの成績が大きく関係してくるんだよーーー と何度言っても、やる気にエンジンがかからないようです。

発達障害だけど、好きな事にはとことん熱心で、やりたい勉強の為に行きたい大学に入ってなんて話しをたまーに聞くけど、これは今のキスケには当てはまらないみたいで。。
今の学校の成績は中の中。 でもこれ、ゆるゆるカリキュラムでだから、今北米システムの学校に行けば多分中の下か下グループに入ると思われ、、それじゃあ希望大学は夢のまた夢。。
親としてどうやってサポートしていけばいいのか、全くわからないでいます。
「もう無理だし、きっぱりあきらめな」と言えれば良いんですけど、親としても行きたい大学があるなら行かせてあげたいし。。 私も諦められないんですよね。
彼の態度だけを見ていれば「どうせ行けないし、やっても無駄だし」ってメッセージが伝わってきちゃうんですよ。 でもADHDって往々にしてそういうところがあるでしょ?
やる気ないんじゃん? みたいな。 

こういう子達はいったいこれからどうなって行くんでしょうねぇ?
結果はそのうち出て来るんでしょうけど。。
心配はつきないのであります。
| まつりん | 学校のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://adhd-ld.jugem.jp/trackback/298