ADHD☆LD あんなこと こんなこと

ADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(20)とADDな次男キスケ(18)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

しばらく放置していましたが、今ちょっと思うところあって過去に書いたけど非公開にしていた記事なんかも掘り起こして公開していこうと思っています。でも基本放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
RECOMMEND
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief (JUGEMレビュー »)
Rick Riordan
のん太が初めて超特急で読破した「絵の無い分厚い本」 映画になりましたねー 「石になーれ!」ってやってるあれですよ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today (JUGEMレビュー »)
Kathleen Desmaisons
甘いもの大好きなADHDさんたち。
シュガーフリーで症状が安定するかも!
砂糖中毒のキスケがシュガーフリーになるきっかけになった本
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
バカをつくる学校
バカをつくる学校 (JUGEMレビュー »)
ジョン・テイラー・ガット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< 骨〜〜! | main | ADHD 半分は誤診? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Sugar 
JUGEMテーマ:育児


のん太のホメオに行って来た。

今日は「Sugarのトリートメントをするから」って言われていたから、すっごい期待していったんだけど、このSugarとは野菜や果物に自然に存在する糖分のことだった。。

あー 明日から甘いもの作って上げられるなー なんて思っていたおばかな私。

野菜や果物の糖分でさえ、今まではのん太の体のいろいろな部位をアタックしていたんだそう。

まー イーストの問題もあって、今までは果物も避けて来たから、これからは少しずつ糖分の少ない果物から与えてみようってことになった。

GFCFの代用になるといわれている消化酵素をDさんにチェックしてもらったら、これは問題ないって。 今まで効果の穏やかな消化酵素を一週間ほど飲ませていたから、今日からはPeptizyde を食前に与えて、一週間ほど様子を見るのだ。

一緒に買ったNo-Fenol  もチェックしてもらった、Goサインが出た。 この消化酵素は「効用として記載されていないけれど、イーストにも力を発揮する」とリサーチしてあったので、「パンも食べられるようになるかも!」と期待していたんだけど、これと一緒でもイーストはまだGOサインが出ないの>< No-Fenolは添加物なんかにも威力を発揮するってことだから、今までより少し楽になるかなぁ って期待してる。 

のん太のうんちと、目の下のクマが 彼のバロメーターだから、しっかりチェックしなくちゃだわ。

小麦がOKになれば、とりあえずイースト無しのパンもあるもんね。 頑張るぞー。

さて、キスケですが、
一緒にホメオのオフィスに行ったんだから、「キスケもついでにSugarのトリートメントして」ってお願いして、やってもらいました。
トリートメントしても砂糖たっぷりの甘いものは食べられないんだよって聞いてちょっと残念がっていたけど、フルーツがOKになるからそれはうれしかったみたい。

で、キスケはクラシカルホメオパシーをやってるってDさんに言ったら「僕は承認クラシカルホメオパスだよ」だって。 おりゃ びっくり。

ちと今彼の名刺がないんで、はっきりしたタイトルがわからないけど、彼いわく、ホメオパシーってのは彼がやっているプラクティスの一部に過ぎないんだって。 今のん太にやっているのは、食べ物からのいろいろな栄養が体にちゃんと取り込めるようにのトリートメントで、それが終わったらまた別の問題に取り組んで行くんだと。

ホメオパシーを作り上げたハーネマン氏もホメオパシーのレメディだけじゃなくて、食べ物や、生活習慣、全てひっくるめての「治療」を考慮していたんだって。
そして、ホメオが誕生してから、今までに世界は大きく変わって、当時には存在しなかった物質、それによって身体的、精神的に支障を来たしている人も沢山いるから、クラシカルホメオパシーだけでは全ては改善されないって考えらしい。

キスケのホメオパスSさんは「食事制限は必要ない レメディで全て改善できるから、体にとって有害物質なら欲しがらないし、摂取しても何の害もなくなる」って言ってた。
うちら夫婦的にはDさんの意見に賛成。  だってさ、有害物質を欲しくなくたって、なんらかの方法で体に入ってくることはあるでしょ? 大袈裟な言い方をすれば誤飲とかさ。 それでも問題が生じない? 生じると思うなぁ。

Sさんにはちょっと不信感がつのっていたので、キスケのトリートメントもDさんに合わせてお願いすることに決定した。

ただ、今Sさんはオーストリアからキスケのレメディを取り寄せているらしいから(何で北米にないの? ホメオって北米でかなり広がっているんじゃないの?)それを受け取り、今回の支払いをして、その後は、レメディのフォローアップも含めてDさんにお願いすることにしました。

Sさんはキスケに薬を使うかもって言ったら、もー 大パニック(まじで、ちょっと怖かった)で反対してきたけど、Dさんは「今のキスケが苦しんでいることを取り除いてあげることが先決だから、薬が必要なら、とりあえず始めるのが良いと思う」って言ってくれたしね。

今まではちびっ子3人連れてダウンタウンのオフィスに行くのは大変だから、ダーリンがいないと嫌だったんだけど、出張が多いダーリンのスケジュールに合わせてると、予約と予約の間が本当に長くなっちゃうから、これからしばらくの栄養取り込みトリートメントが終わるまではできるだけ毎週行くようにすることにしたさ。

とりあえず毎週水曜日に予定を入れて、プロホッケーの試合のある日は予定を調節するってことで決定。 ホッケーの試合がある日はダウンタウンの道が混むからね。 

キスケものん太みたいに落ち着いてくれるといいなぁ。。 待ち遠しいなぁ。。
| まつりん | ナチュラスパスのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://adhd-ld.jugem.jp/trackback/90