ADHD☆LD あんなこと こんなこと

ADHD,LDに関して 思ったこと、頑張ってること、読んだこと、聞いたこと、見たこと etc...
脳損傷TBI(traumatic brain injury)を負って生まれて来た長男のん太(20)とADDな次男キスケ(18)、生まれたからには人生楽しめるように日々頑張ってるきまぐれ記録です。
不適切と思われるコメントはmatsurinの独断と偏見により削除しちゃってます^^

しばらく放置していましたが、今ちょっと思うところあって過去に書いたけど非公開にしていた記事なんかも掘り起こして公開していこうと思っています。でも基本放置プレーがちなブログなので、迷惑コメント防止の為、認証機能を付けました。 反映されるのに時間がかかることがありますのでご了承くださいませ。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief
The Percy Jackson and the Olympians, Book One: Lightning Thief (JUGEMレビュー »)
Rick Riordan
のん太が初めて超特急で読破した「絵の無い分厚い本」 映画になりましたねー 「石になーれ!」ってやってるあれですよ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today (JUGEMレビュー »)
Kathleen Desmaisons
甘いもの大好きなADHDさんたち。
シュガーフリーで症状が安定するかも!
砂糖中毒のキスケがシュガーフリーになるきっかけになった本
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
バカをつくる学校
バカをつくる学校 (JUGEMレビュー »)
ジョン・テイラー・ガット
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
まだ捨ててたんだ・・・
 こんな放置されたブログでも読みに立ち寄って下さる方が今でもいらっしゃるようなので、
毎日毎日心に溜めては私を苦しめている思いをまた少しずつ書こうかなぁ。。と。

2年間の非英語圏での生活を終え、カナダでは無い英語圏の国オーストラリアに来て
6ヶ月が過ぎました。

子供達はそれぞれ14歳(9年生)13歳(8年生)9歳(4年生)になり、
元気に地元の学校に通ってます。

今日は我が家一番のイケメンBoy キスケの話しです。

キスケがコンサータを飲み始めたのは4年程前。 

続きを読む >>
| まつりん | 食べ物のこと | comments(5) | trackbacks(0) |
同じ子供の同じ症状、国によって診断名が変わるんだな

 カナダを出てもう少しでまる3年が経とうとしています。

 
非英語圏で2年、インターナショナルスクールに楽しく通った後、また海を越えて引っ越しました。 今度はオーストラリアです。
のん太14歳、キスケ13歳、たー坊9歳になっています。
のん太は9年生、キスケは8年生(いずれもハイスクール)、たー坊は4年生になりました。
学校では特別親しい友人はいないけれども、先生方からも生徒達からもかわいがられ、ちょっとマスコット的な存在になっているらしいのん太ですが、やはり全く普通の子と同じ様に全ての事ができるわけではなく、いろいろ目をかけていただいています。
学校に入ってすぐに、のん太がカナダで受けている障害名はオーストラリアでは一般的に認められていないので、オーストラリアの医者によるオーストラリアの障害名をつけてもらって欲しいと依頼されました。 特定の障害名がついている生徒がいると政府から補助金が受けられるからというわけです。 これはもうのん太がキンダーの頃から関わっているシステムで、学校は重い障害名で、でもお世話が簡単な子供が一番好きです。 できれば政府からの補助金が降りた後はその生徒には転校してもらいたいって感じ。 あはは 皮肉ですね。。
1月にGP(町医者)に小児Behaviour Specialistの紹介をお願いしていたのが、やっと、やっと今日予約が取れてみて頂くことができました。
学校から預かっている書類には「このうちのどの障害に当てはまるか」という欄があり、そこには自閉系いくつかの障害名とPDDが記載されていました。
「私達はこの子にどんな障害名が付こうとも何も今と変わらないので、学校にとって良い様に障害名をつけて下さい。 カナダでの障害名がこちらで知られていなくてもお医者様ならご存知でしょうから、どうすることが一番良いのか一緒に考えて下さい」といった具合で診察を進めて頂きました。
のん太の困難はアスペルガーにとても似ています。 でも自閉特有の「目を合わせない」とか「人の気持ちが全く読めない、気にならない」というのが全く当てはまらず、「やはりいくらなんでも自閉症とは医者として言えない」というのがドクターの意見でした。 
学校側が何を望んでいるのか、リソース担当の教員と相談して連絡を下さるということになりました。
ついでに、最近の3人の様子を覚え書き。。
続きを読む >>
| まつりん | ADHD | comments(0) | trackbacks(0) |
Chocolate covered encyclopedia
 子供の引き出しからさ、





ドロドロに溶けたチョコレートにまみれてから、寒い部屋でかっちり固まった科学事典見つけたらどうしたら良い?





違う引き出しから




うんこパンツと、

腐ったサンドイッチと

豆乳3つと

チョコレートアイスクリームがべっとり付いてからしっかり乾いた元私所有で、今はやつの物になったSASの白いトレーナー出て来たらどうするべき?


| まつりん | 食べ物のこと | comments(1) | trackbacks(0) |
最近たー坊がハマっている本
評価:
Jeff Kinney
Puffin
¥ 633
(2008-07-03)
コメント:これは小説っぽく見える漫画だね。 子供が読んではまるのがわかる。 とにかく面白い。 子供の目線で面白い!  「漫画ばっかり読んで、本を読まない」って子にお勧め!

評価:
Danny DeVito,Joshua Levinson,Liccy Dahl,Martin Bregman,Nicholas Kazan,Roald Dahl,Robin Swicord
Sony Pictures
¥ 2,059
(2004-06-21)
コメント:愉快痛快Roald Dahlの傑作です Roald Dahl未体験の人はまずこれを見てみて! 気に入ったら本も読んでね。 

あはは ずいぶんとまた時間がたったもんだゆう★

たー坊は今までは字が大きくて絵が沢山あってという感じの、わりと「ちびっ子っぽい本」を読んでいたのだけど、去年Diary of a wimpy kidシリーズにはまってからは、「字が沢山でちょっと厚い本」も怖く無くなったみたい。

そして今ハマっているのが Roald Dahlの本達。
Roald Dahlはチャーリーとチョコレート工場で有名だけど、たっくさん子供向けの本を書いているのです。

全て読んだ事があるわけでは無いけれど、私が大好きなのはMatilda
チャーリー&チョコ工場と同じく「んなバカな!」って話だけど、それが愉快愉快!
ビデオも出ているので是非是非一度見てみてくださいませねきらきら

まだ本の虫になっていない子供には「とにかく飽きない、とことん面白い本」を上手に与えてあげると良いですよね。

近頃はおどろおどろしい本ばかり読んでいるキスケも、「地球温暖化について考える系」の本ばかり読んでいるのん太も、たー坊が学校からどどーんとRoald Dahlの本を借りて来ると、読まずにいられない! って感じで奪い合いつつ静かに読みふけっています。

私はたー坊お勧めの Fantastic Mr.Foxをこれから読みますです
| まつりん | 本のこと | comments(2) | trackbacks(0) |
ご無沙汰してます
 もー 毎日しょーもないことが続いてて、ブログに書いてぶちまけちゃあ公害だよなって感じで書けないでいましたが、悪いことばかりじゃないですよ。

キスケ10歳になりました。

そして今回初めて 「お友達を招待してのバースデーパーティ!」なんてのもやってみました。
明かりを落としたボウリング場で Glow in the dark bowlingってのです。

言語力不自由な為、写真無いと説明できません。 またこれは今度。


毎年5月、6月はSomething in the air で調子が悪くなるのん太とキスケですが、キスケ、なんとかまだ学校に行けています^^

のん太ものん太なりに頑張ってはいます。 私ものん太に慣れてきました(^^)

ああ、そうそう、キスケ、薬を飲むのを辞めました!
そろそろ一ヶ月になります。

コンサータ27mgを飲んでいたんだけど、ある日の朝「あ、薬取りに行くの忘れた!」って日がありまして、たしかそれは金曜日だったかな。

翌日は土曜日で学校ないし、この一日だけ頑張ってくれれば良いんだから、いいよ薬飲まなくて!
その代わり、数日前からのん太に飲ませていたGABAを飲ませてみました。

週末もGABAだけで様子を見てみたら

・ADHD行動はコンサータを飲んでいない時よりは出てくるけど、許容範囲内
具体的に言うと、忘れっぽかったり、やけに陽気で鼻歌ノンストップだったり、いつもよりはしゃいだり。

・コンサータ前に著しかったネガティブ行動が見られない
兄弟に喧嘩をふっかけたり、物事を全てネガティブの方向からしか捉えられないでどよーーーーんと暗くなっちゃったり、怒られるとブツブツひたすら喋り続けたり(愛熊ジャックと語っていると思われ)というのが殆ど出てこない。

・食欲どーん!
好きじゃないメニューだとランチは相変わらず食べて来ないんだけど、家だともりもり食べてお代わりもしちゃう! 好きなメニューだったらランチも食べてくる!

6月なのに薬無しでいけるなんてすごいよすごいよ! 

ってことで、しばらくはコンサータ無し、GABAとビタミン+ミネラルで行こうと思ってます。

* 場所柄、5月になると日の長さがぐっと伸びて、子供達の就寝時間になっても外はめっちゃ明るいんです。 ブラインドを閉めてもなんとなく外の明かりは入ってきて、子供達はなかなか寝付けません。
一日行動して、夕飯を食べる頃にはなんとなく暗くなって、歯磨きする頃に外は真っ暗ってなるから、体も精神的にも「寝るぞーモード」になるはずなのに、暗くならないから、寝るぞーモードになれないんですね。  うちの子だけかなぁって思ってたけど、どうやらこれはこちらの一般論みたい。

また6月になると5月からの日の長さで慢性的な寝不足(冬に比べたらね)になっているのに加え、「夏休まで後何日!」とカウントダウンが始まるし、学校でも楽しいイベントが増えてくるしで、ウキウキしちゃって落ち着かないってのもあります。
キスケ、夏休まであと2週間。 たー坊、夏休まであと2週間と1日です。

プラス

我が家、来月お引越しでして、家の中がとんでもないことになってます。
これも落ち着かない原因ですよねぇ。。



| まつりん | - | comments(0) | trackbacks(0) |
海亀の一生 


教会での暇つぶしにキスケが描いた「海亀の一生」





| まつりん | ギャラリー | comments(0) | trackbacks(0) |
The mysterious benedict society
のん太用に借りてきて、キスケがはまって一気読みした本

The Mysterious Benedict Society (Mysterious Benedict Society)
The Mysterious Benedict Society (Mysterious Benedict Society)

春休みを利用してすごい勢いで読んでました。 男の子にも女の子にもお勧めです。

つい最近読み終わったのが 映画にもなったTwilight(トワイライト)
Twilight (Twilight Saga)
Twilight (Twilight Saga)
Stephenie Meyer

映画が見たい(結構流行ってました)と言われたけれど、メインキャラクターがティーンエイジャーの吸血鬼なんて聞いたし、映画の内容もどんなのかわからなかったので、
「本を読み終わって良さそうだったら映画を見ることにしよう」と提案。 
544ページ。 バケーションを利用して飛行機の中や、ホテル、船の中でも読んでいました。 これだけの分厚い本をキスケが飽きずに最後まで読んだのには感動!

キスケを本好きにしたきっかけの本

学校の授業でこれを読んだら・・・

Hatchet
Hatchet
Gary Paulsen

この本の中で少年が飛行機事故に遭い、救出されるのだけれど、「もし、彼が救出されなかったらどうなったか」を小説にしたのがあると知り、

The River (A Yearling book)
The River (A Yearling book)
Gary Paulsen


Brian's Winter
Brian's Winter
Gary Paulsen

Brian's Return
Brian's Return
Gary Paulsen

Brian's Hunt
Brian's Hunt
Gary Paulsen

と立て続けに読みました。
読書の楽しみを知ってくれて嬉しい!!

英語の本を読みたいけれど、どれを読んでいいのかわからないという方にもお勧めです。
ハリーポッターの用にその本にだけしか出てこない単語があまり無いので、読みやすいと思います。













| まつりん | 本のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
新しい薬


ここ最近、そうだなぁ 2ヶ月くらいのん太の調子が思わしくない。
なんていうか、注意力散漫度が激アップしている感じで、何をやっていても集中できないみたいで、生活に支障をきたす程(特に人間関係とワーク)

思い当たることリスト

・3月末のバケーションが嬉しすぎてウキウキして落ち着かない (バケーションに行く一ヶ月前くらいからすでに変だった)

・バケーション中は楽しすぎて落ち着かない(ワークは基本的にしなかったので注意力散漫で不自由が生じたことは殆ど無かった)

・バケーション中にかなり変則的なスケジュールで遊びまくったので、普段の環境に戻るのに時間がかかっている

・ドクターに言われてカロリーを沢山摂取できるようにとほぼ毎日飲ませていたピーナツバター、バナナ、豆乳のシェーク  お陰で体重は少し増えたけれど、ピーナツもバナナも大豆も隠れたアレルギーではチェックマークが入るものばかり

・思春期突入?
続きを読む >>
| まつりん | 薬のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
Kissing Hand 〜キスのおまじない
> The Kissing Hand―キスのおまじない
The Kissing Hand―キスのおまじない

英語だとなんとも思わないのに、日本語になると、なんともこっぱずかしい題名の絵本でありますが、我が家のBoysのお気に入りです。

初めて学校に行くアライグマの子は、お母さんと離れるのが寂しくて寂しくて・・・
で、お母さんが「離れていても、私は君を思っているよ。 大丈夫、大丈夫」って手のひらにキスのおまじないをするっていうお話です。

子供はお母さんと離れるのが寂しいってぐずるけど、きっとお母さんもこの子を学校に行かせるのは心で泣いていたんだろうなぁと思うと、最初の数回は涙無しでは読めなかった腑抜けな私 おほほ^^

のん太とキスケは今でこそKissing Handのおまじないはしませんが、たー坊は毎朝ばりばり玄関でこのおまじないを受けてます。

両手の平にぶちゅーーーっとしたのをグーで握り締め、右ほっぺ、左ほっぺにそれぞれ3回くらいずつ、それから「エキストラ(おまけ)」と、シャツの絵とかワッペンとかボタンとかに最後の1つしてから出かけていきます。

車の中でもずっとグーで握っているとダーから聞いて、嬉しいやら、寂しいやら。。。

とここで、一度この話は置いといて・・・・・


JUGEMテーマ:育児


続きを読む >>
| まつりん | 本のこと | comments(2) | trackbacks(0) |
Little Sugar Addict 〜 砂糖は愛じゃない!
キスケが砂糖中毒かもしれないって気が付いて、いろいろ調べ始め、すぐに出会ったのがこの本
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today
Little Sugar Addicts: End the Mood Swings, Meltdowns, Tantrums, and Low Self-Esteem in Your Child Today

この本の著者はもともとアルコール中毒者の更正施設をやっていた人で、施設を出た後またアルコール生活に戻っちゃう人と、アルコールから足をすっかり洗った生活を続けられる人との違いが「食生活と砂糖の関係にある」ことに気付き、大学に戻り更に勉強し、今は砂糖中毒の人を助ける活動をしている人です。


Little Sugar Addict 私流に訳せば 「砂糖中毒っ子」 って感じかな。

ずいぶん前に一度図書館で借りてさらっと読んで、砂糖削除食にすると決めてまた借りて読んだ本です。  
一度読んだだけでは気持ちの切り替えは難しい〜〜〜〜!

甘い物って食べると幸せだし、小さい頃から母の手作りおやつを食べて育ったから、おやつ=母の愛って完全にできあがってる。
だから私も子供達にはずっと手作りおやつを与えてて、きっと子供達にもおやつ=母上の愛って脳みそに刷り込まれてる。

それを辞めちゃうんだもの、そりゃ「母上の愛はどこいった?」になっちゃうのかも・・・

って気が付いたのがつい最近。

本には、例えばお誕生パーティだったら、ケーキのことなんて思い出さないくらい楽しい演出をするとか書いてあったけど、我が家にとって、ケーキやクッキーは本当に日常的な食べもので、手作りが常備されていたから、誕生日とか何かのお祝いとかの特別な日に「ケーキの代わりね」なんて小細工するだけじゃ駄目なんじゃん。

で、ここ数週間、手作りおやつに代わって、子供に私の愛を伝える方法ってのを試みています。

他に紹介したい本があるのでその方法はまた次回。



| まつりん | 食べ物のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>